ピティナ調査・研究

第4章:推察力&発想力(4)音空間の深層を見抜く(表現リテラシー)

何を聴いている?~グローバル時代のための聴力
4
推察力&発想力
④ 音空間の深層を見抜く(表現リテラシー)
見えない時空間の推理、暗示、隠喩、多層的な文脈

1音を弾くとき、1曲を弾くとき、1プログラムを弾くとき、音楽のどのレヴェルまで表現しているだろうか?また、どこまで聴こえているだろうか?

ここで本連載冒頭の問い、「音はすべて聞こえている、ではどこまで聴いているだろうか」(第1章①)に戻りたい。音楽という時空間には、多層的な文脈が織り込まれていたり、暗示や隠喩が隠れていたりする。そうした音がもつ性質・意図・方向性などを見抜き、ちょっとした差異を聞き分けることが、「耳をひらく」ということになる。

ここで2013年ヴァン・クライバーン国際コンクール審査員を務めた、指揮者シャン・ジャン氏の言葉を再引用し、これについて次項で補足したいと思う。

「音楽に説得力がある演奏者を見出したいと思っています。それはテンポの設定や、フレージングの創り方など、ほんのわずかなこと、些細なことだったりします。でもその細かい部分が、その音楽家の全てを物語ることがあるのですね」(審査員の指揮者視点
どの背景レヴェルまで見抜いているのか?

聴くということは、音楽のどのレヴェルまで聴いているのかということである。音、フレーズ、音楽の構造、音楽の文脈、音楽の概念、音楽の背景にある思想や世界観・・・それによって、音楽の受けとり方も、音楽を味わう深みも変わってくる。

「表現リテラシー」という言葉がある。たとえば次のように定義されている。

「言葉の指示対象や意味ではなく、その身ぶり、色、味、匂い、感触、響きをいわば全身の五感を使って感受する能力。相手の言葉を容易に「要約」したりせずに、そのちょっとした表現や言い回しや間合いに目を凝らし、耳を澄ます能力。私は、情報社会の進展にともなう意味リテラシーの一面的な高度化に対して、今こそ表現リテラシーの重要性を再認識すべきだと考える。」(宮原浩二郎『論力の時代と〜言葉の魅力の社会学』p98-99、宮原浩二郎著、勁草書房、2005年)

言葉の指示対象が正確にわかるだけではなく、それがどんな文脈で、どのように表現されているか、言葉にどのような価値を乗せているのか。それを聴き手が読み取るのである。言葉⇒音と言い換えても同じことがいえるだろう。その音は、どのような文脈の中で、どのように表現され、どのような価値が含まれているのか。あるいは音と音の間、休符にはどのような含みがあるのか。どこまで表現できるか、どこまで聴き取れるかは、個人の認識レヴェルによって異なる。だから同じ楽譜を見ても、同じ演奏を聴いても、受け手によって異なるのである。

これは2020年度大学入試改革でも焦点となる、クリティカルシンキングにもつながる。『2020年の大学入試改革』で英国の高等教育を参考事例として挙げた石川一郎氏は、次のように述べている。

「結局、絵画を見て、何が描かれているか事実確認からその背景に横たわっているものの見方や考え方を見出していく過程こそ、クリティカルシンキングです。・・・あらゆる考え方には、その背景に横たわっている理論が負荷しています。トーマス・クーンのような科学者は、このことを「理論負荷性」と呼んでいますが、それを見破ることこそがクリティカルシンキングであり、見破っただけでなく、新たな理論を発見してしまう、あるいは新たな技術を開発してしまうというのがクリティカルシンキングの究極目標です」。(「2020年の大学入試改革」p152、石川一郎著、講談社、2016年)

特に前半部分は、楽譜の読み方にも似ている。背景に横たわっている考え方を見出すというのは、いわゆる作曲の背景や作曲家の意図を探ることである。そこにどんな理論や原理が横たわっているのかが分かれば、なぜ作曲家がそれを選び取ったのか、という思想なり世界観が見えてくる。音には、思想や世界観まで投影されている。そこまで認識できると、「1音」のもつ価値をより深く捉えられるようになるだろう。(第3章③「音空間を俯瞰・要約する」第3章④「音空間を概念化する」

なぜ大事な情報をスルーしてしまうのか

表現リテラシーは、「あれ?何かが違う?」という疑問も察知する。「?」と思うのは右脳、それを観察して筋道を理解するのが左脳である。

音楽に限らず、表面上の言葉は同じように見えても、そこに持たせている文脈(価値)が違っていることがある。つまり、本来ではない論理が結びつけられていることがある。言葉のレトリック、あるいはトリックだ。そのズレからユーモアも生まれるし、あるいは意図を隠すこともできる。それに気づくには「?」という感覚が大事になる。耳は、音や言葉の美しさや強さといった表面的な要素だけではなく、その背景にある論理や文脈、さらには思想・世界観といった深層まで、聴き取っている場合もあるから。

とはいえ、ある理論や論理を完璧だと思い込んでしまうと、右脳から左脳への問いはなくなる。そして「?」とかすかに感じたものが重要情報だったとしても、スルーしてしまう。重要なことを聞き逃さないためにも、表現リテラシーは重要なのである。聴力がもつ本来の力を呼び覚ますことで、高めることができるだろう。

自然のちょっとした変化に気づく

ちょっとした音質、陰影、色彩の変化で、われわれは音楽に何が起こっているのかを察知する。レヴェルは全く異なるが、歴史をひっくり返すほどの発想の転換も、ほんの小さなきっかけから生まれているようだ。2人のノーベル賞受賞者、山中伸弥教授('12ノーベル生理学賞)と益川敏英教授('08ノーベル物理学賞)の対談をまとめた『大発見の思考法』という本がある。二人に共通しているのは、意外なほどシンプルな発想の転換が、世紀の大発見に繋がったこと。山中氏はある実験で出た予想外の結果に驚いて感動した体験が、研究に打ち込むきっかけになったそうである。

”人間が思いもかけなかった『ヘンな顔』を自然は見せてくれる。それをきちんと受け止め、興味をもち追い求めていけば、独創的な自然に助けられて自然と次のステップへ行ける。”(『大発見の思考法』p191、文藝春秋、2011年)

音楽にも、この感性と観察眼がとても大事である。

第4章:推察力&発想力(5)1曲から音空間を広げよう・舞曲編

耳をひらく TOPへ