ピティナ調査・研究

コロナ禍の1年を振り返る:その1「この1年で力を入れたことは?」

◆アンケート結果
コロナ禍の1年を振り返る
その1 この1年で力を入れたことは?

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、にわかに注目を浴びた「オンラインレッスン」について、ピアノ指導者の方々の認識を緊急調査したのが2020年3月5日のことでした。

その後、4月6日に「今、わたしたちにできること Stay at Home, Keep on Music」のサイトを開設。「どこにいても、音楽と歩みつづける。」をモットーに、全国から届く様々な情報を実に100件以上の記事として掲載してきました。当初は一時的な対策として試行錯誤され始めた「オンライン」でのレッスンやセミナー、演奏も、コロナ禍が長期化するにつれ、「新たな日常」としてピアノにまつわる環境をこの一年で大きく変えてきました。

この度、ピアノ指導者の方々へ「コロナ禍の1年を振り返る」アンケートを実施し、205名の先生方から真摯なご回答をいただきました。(2021/4/14現在)

その2「オンラインレッスン、今はどうしている?」

Web連載「今、わたしたちにできること Stay at Home, Keep on Music」の記事を読んだことがありますか。
もっとも印象に残った/役に立った情報発信はどのコーナーですか
1位 オンラインレッスンレポート(新しい生活様式のレッスン) 96
2位 おうちであそぼう 25
3位 YouTubeへの動画アップマニュアル 15
4位 グランプリメッセージ 12
5位 Keep on Music素材集 9

設問2~4の回答から、指導者の方々が「今、生徒へどういう指導をしたらよいのか」の参考情報として、全国の指導者のオンラインレッスンの様子への関心が最も高く、次におうち時間の増えた生徒へ提供するアイディアとして「おうちであそぼう!」、課題曲チャレンジやオンラインステップ、レッスンへの活用として必要となったYoutubeへのアップ方法といった、「今すぐに使える」実用的な記事が求められていたことが分かります。

ピティナ・ホームページ「今、わたしたちができることStay Home, Keep On Music」閲覧数

この結果は、実際のピティナ・ホームページのページビューともほぼ一致します。
「今、わたしたちができることStay Home, Keep On Music」全体:763183PV(2020/4/6~2021/4/5)

★コーナーごとの閲覧ランキング
1位 オンラインレッスンレポート(新しい生活様式のレッスン) 250532PV
2位 おうちであそぼう 245448PV
3位 YouTubeへの動画アップマニュアル 54454PV
4位 連載:わたしのKeep on Music 51401PV
5位 グランプリメッセージ 22440PV
6位 会員情報交換会・交流会レポート 14023PV
7位 Keep on Music素材集 12696PV
★記事ごとの閲覧ランキング
1位 おうちであそぼう!第3回 マイピアノを作ろう 81815PV
2位 YouTubeチャンネルへの動画アップにチャレンジしよう! 54454PV
3位 おうちであそぼう!第1回 おんがく ぬりえ 39219PV
4位 特集 おうちであそぼう! 34403PV
5位 おうちであそぼう!第2回 音楽で遊べるリンク集 21587PV
6位 オンラインレッスン・通信アプリのご紹介 20197V
7位 Vol.1 高木早苗先生・山崎裕先生(オンラインレッスンレポート) 15325PV
8位 オンラインで便利なメッセージフリップを配布します 14258PV
9位 あきらめかけていた発表会をオンラインで(わたしのKeep on Music 第2回) 12882PV
10位 みんなのマイピアノ作品展 12440PV

サイトの閲覧数から見ると、ピアノ指導者が注目していたオンラインでのレッスン情報に加え、おうち時間の充実を求めたピアノ学習者、ピアノ愛好家たちの「マイピアノ」や「おんがくぬりえ」へのニーズが高かったことが分かります。

この1年で、初めて取り入れた/力を入れたことは何ですか?(複数回答可)
1位 オンラインレッスン 173
2位 オンラインセミナー 133
3位 教室の設備、機材の拡充 116
4位 オンライン配信の視聴(コンペ、コンサート、ライブ配信番組) 102
5位 オンラインでの生徒のステージ参加(コンペ、ステップ、その他演奏) 89
6位 Youtubeへの投稿 70
7位 教室の情報のオンライン発信(メール、LINE、動画など) 69
8位 オンラインでの発表会(ライブ、収録) 56
9位 教室のウェブサイトの開設、充実 36
10位 リモートアンサンブル 2

毎週の対面レッスンへの代替として、実際にオンラインレッスンに取り組まれた方が多かったことが分かります。また、コロナ禍の長期化に伴い、「とりあえず今だけ」という視点から、「新しい生活様式」を見据えて、「オンラインセミナー」「オンライン配信の視聴」「オンラインでの演奏発表」といったものを、新しい学びのスタイルとして取り入れようという、中長期的な視点へと広がっていったことが分かります。

この1年で導入したことの上位に、新しい試みとして始められたオンラインセミナーがランクインしました。ピアノ指導者の「学びを止めない」姿勢を応援すべく、3月までに461回のオンラインセミナーが開催されました。

また、Youtubeを中心とした音楽のオンライン視聴が習慣として入って来た年でもあり、ピティナでも入賞者コンサートコンペティションG級・Pre特級・特級のライブ配信、日曜朝のピティナ・コンサートプレミアのスタートなど、ピティナYoutubeチャンネルの活用が飛躍的に伸びた一年でした。

さらに、受け身ばかりではなく、教室のホームページや情報発信のオンライン化、発表会や弾きあい会にオンラインを活用するなど、指導者自らが発信源となり、ピアノ教室の形態にもオンライン化が進んだことも分かります。

次回は、「オンラインレッスン、今はどうしている?」の回答を特集。