ピティナ調査・研究

第29回 スタッカートの苦手な子の指導法 赤松林太郎先生

指導者が答える お悩みQ&A
「スタッカート」と言うと叩くかスカスカになってしまいます。スタッカートの苦手な子にはどう指導したらよいでしょうか?
赤松林太郎先生にお答えいただきました。
あかまつりんたろう◎ピアニスト。当協会正会員、当協会評議員。
スタッカートの音をどのように弾くのかをイメージする

スタッカート記号を見た時、またはスタッカートを施す時、その音をどのように弾くのかをまずイメージすることが大切です。例えばメヌエットとジグではスタッカートの質感は大きく異なりますし、四分音符と八分音符のスタッカートが同じわけがありません。つまり、「きわめて短く」「適度に」「弾力をもって」のいずれかを考えなければなりません。

作りたいスタッカートに合わせた、手首の使い方がポイント

きわめて短いスタッカートを作りたい時は、指先(第一関節から先)を固くして、速い打鍵を必要とします。手首に力を入れると、指先が硬くなります。そこで手首を脱力すると弾力が生まれて、しなやかさを有した柔らかい質感のスタッカートになります。

一方、手首の力を抜かずに離鍵すれば、短く鮮やかなスタッカートが得られます。毛抜きや刺抜きをイメージするとわかりやすいです。

要するに、スタッカートでは手首がポイントになります。

赤松林太郎先生のセミナー情報・受講者の声はこちら

◆お悩みQ&A 質問募集中!

経験のある先生に聞いてみたい、ちょっとした不安や疑問など、下記のフォームよりお寄せください。 質問が採用されると、翌週以降、WEBページにて、ベテラン指導者の回答を掲載いたします。

質問投稿フォーム

指導者が答える お悩みQ&A TOPへ