ピティナ調査・研究

第7回 ホールでの練習で気をつけたいこと 根津栄子先生

指導者が答える お悩みQ&A
コンペ会場で行われるステップやホールリハーサルで、普段から注意しているところにどうしても気が向かってしまいます。せっかくの本番と同じ会場での演奏を、上手く本番に生かすことができずに悩んでいます。限られた回数の演奏ですから、どこをどのように聴くと良いのか、また、先生方はどこに気を付けて聴いていらっしゃるのか教えていただきたいです。(ピアノ指導者からの質問)
根津栄子先生にお答えいただきました。
ねづ・えいこ◎市川フレンドステーション代表、指導者育成委員

本番前のホール練習では、普段のレッスン室では出来ない内容に特化した指導やアドバイスが出来ると良いですね。私が考える本番と同じホールで演奏、レッスンをする際のポイントをまとめてみました。

☆ホールトーンによる響きの違いを知る

レッスン室とは違い、ホールにはホールトーンがあります。 そこでタッチと同じように、ペダルでレガート、アクセント、ビブラート等、沢山のペダルの踏み方を使い分けることが必要になります。ホールで練習する際には、いくつかのペダルの種類を試したり、考え直したりしてみると良いでしょう。

☆響きの質

演奏者は、キャパ5人くらいのレッスン室ではなく、50人、500人の会場にどんな音を響かせたいのかを理解しておく必要があります。そのために、ただ音が大きい小さいだけではなく、響きの質を聴くことが大切です。 ピアニシモ、ピアノでも客席の一番後ろまで美しく響いているか、フォルテ、フォルティッシモはかたまらず、的確な音質が出せているか、音量以外の部分で、どのように響いているのかを確認しましょう。

☆テンポ、フレーズ

フレーズの始まりと終わりを丁寧に聴けているか、音の粒、フレーズとフレーズの間をゆとりを持って聴けているかなど、よく響く会場では音と音が重なってしまうため、テンポ、フレーズ間の感じ方が的確かどうか判断すると良いでしょう。

☆全体の印象

演奏前にステージに出てきた瞬間から、演奏を終えて袖に姿が見えなくなるまでが演奏です。歩くテンポ、歩く姿勢、お辞儀の仕方、お辞儀の意味、演奏姿勢、演奏前の深呼吸など、ピアノの音が鳴っていない時の動きについても、広いステージで確認できると、本番でのゆとり、安心感につながると思います。

根津栄子先生のセミナー情報・受講者の声はこちら

◆お悩みQ&A 質問募集中!

経験のある先生に聞いてみたい、ちょっとした不安や疑問など、下記のフォームよりお寄せください。 質問が採用されると、翌週以降、WEBページにて、ベテラン指導者の回答を掲載いたします。

質問投稿フォーム

指導者が答える お悩みQ&A TOPへ