ピティナ調査・研究

第2回 幼児が練習に集中する方法 石黒加須美先生

指導者が答える お悩みQ&A
子ども(幼児)の集中力がなく、どうすればコンペの練習に集中できるでしょうか?
石黒加須美先生にお答えいただきました。
いしぐろ・かすみ◎ピティナ一宮ステーション代表、ステップ課題曲選定委員、組織委員、当協会評議員

まず、子どもの練習に大切なことは、習慣性をつけるということです。最初は、1日5分で構いません。ピアノを弾く練習というばかりでなく、まずはお母さんと一緒にピアノの前に座り、歌をうたったり、手を叩いたりするだけで終わっても良いです。音楽を楽しむ時間を毎日習慣化する、お子さんとそういう時間を作ってみてはいかがでしょうか。

その次は、指導者の腕の見せ所です。子どもは、「楽しめるもの」が身に付きやすいので、レッスンでは、毎日楽しめるものを宿題として与えると良いでしょう。集中力の源は、「楽しい!」「面白い!」という気持ちです。

コンペの準備をするにあたって、2つの必要な力があります。
1つ目は、読譜力。私の教室では、子どもが楽しいと思える、簡単な曲を、たくさん用意し、数をこなすことで読譜力を付けていきます。楽しめないと、「お勉強」という気持ちが強くなってしまい、身に付くものも身に付きにくくなってしまいますので、子どもが楽しんでいるうちに、いつの間にか読譜力が付き、弾けるようになるのが理想です。
2つ目は、1曲を深く追求する力。コンペ課題曲へ取り組むことは、楽しみながら身に付けた読譜力の延長線上にあります。読譜力がつき、コンペの課題曲が簡単に思えるようになれば、1つの曲を深く掘り下げることも出来るようになっていくでしょう。

そして、その集中が持続するために定期的( その子どもにあった一週間、二週間・・)にレッスンで新しい課題を提示してあげることです。この両方の力をバランスよく身に付け、練習に取り入れることで、コンペ本番に向けた良い準備ができるのではないかと思います。本番を終え、また次の本番に向けての準備を繰り返すことで、成長のサイクルが上手く循環していくのではないでしょうか。

石黒加須美先生のセミナー情報・受講者の声はこちら

◆お悩みQ&A 質問募集中!

経験のある先生に聞いてみたい、ちょっとした不安や疑問など、下記のフォームよりお寄せください。 質問が採用されると、翌週以降、WEBページにて、ベテラン指導者の回答を掲載いたします。

質問投稿フォーム

指導者が答えるお悩みQ&A TOPへ