ピティナ調査・研究

ピティナ・提携YouTubeチャンネルについて

ピティナ・提携YouTubeチャンネルについて

ますますメディアとしての影響力を増すYouTubeの中で、ピアノの魅力を発信する一大拠点を作りたいと考えています。そのためには、会員の皆様が運営しているチャンネルとの協力関係を深めることが必須となります。

2021年、ピティナ・提携YouTubeチャンネル(「提携チャンネル」とも表記することがあります)の制度を発足しました。提携チャンネルへの参加条件は、YouTubeで収益化ができている(チャンネル登録者数1000人以上、年間の視聴時間が4000時間以上をクリアしたのち、手続きを完了する)ことと、ピティナとの「MCN契約(※)」をすることです。MCN契約をすることです。提携チャンネルの参加料金は広告収入の20%(初期の設定です。広告収入の金額によっては20%より下げることがあります)です。特典は以下のとおりです。


1. 各種のご相談
著作権に関するご質問、技術的なトラブル、ついてのご質問をお受けするほか、チャンネル運用のノウハウについてご相談もしていただけます。
2. チャンネル紹介

ピティナ・チャンネルのチャンネル紹介欄でご紹介します。

ピティナ・チャンネル
3. ピアノ曲事典における演奏動画の表示変更

提携チャンネルの動画はピアノ曲事典で、ピティナ・チャンネル内動画と同等の「公式動画」としての表示になります。

5. eラーニングへの動画ご提供

提携チャンネルの方は、ピティナ・eラーニング向けに動画を提供していただけます。2021年5月現在約4000人がご利用しているサブスクリプション・サービスへのコンテンツ提供です。審査はありますが、ご自身で制作したコンテンツであれば、特に登録手数料等はなく、登録と同時に所定の謝礼をお支払いできるながれになります。YouTubeへの誘導も可能で、チャンネルの活性化にも大いにつながります。

6. メンバーシップ動画への動画ご提供

動画をご提供頂くことで、ピティナ・チャンネルのメンバー向けへの配信を行います。メンバーシップ動画閲覧にともなって、メンバーシップ利用収入から、閲覧数に応じたロイヤリティをお支払いいたします。「動画を頻繁にご覧になるメンバーへの集中的な告知」と、ご自身のチャンネルへの誘導にご利用いただけます。

7. 交流会へのご参加

提携YouTubeチャンネルの運営者の方が集う交流イベントを実施します。情報の共有やコラボ企画などに繋がる機会を提供します。

  • MCN契約は、チャンネル運営者様、ピティナが所属するMCN(マルチチャンネルネットワーク)であるクリーク・アンド・リバー社、およびピティナの3者間の契約となります。技術的なアドバイスはクリーク社からの回答となることがあります。