ピティナ調査・研究

連載10回記念!読者アンケート結果♪

SF音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』
SF音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』
連載10回記念!読者アンケート結果♪
はじめに
SF音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険(略称:旅ピア)』とは?

2019年5月から連載がスタートした音楽小説です。
毎月2回のペースで、ピティナWEBサイトの『調査・研究』ページに掲載されております。
SF音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』
ふるたみゆき:著 中山尚子:画

若いピアニストが19世紀パリにタイムトラベルをおこない、さまざまな困難を乗り越えながら、音楽家として成長してゆく物語です。物語の中では、19世紀パリの文化背景や、知られざる音楽家の魅力についてご紹介しております。

アンケート結果
第1問
音楽の歴史や、芸術家の生きた時代の背景について、知識は深まりましたか?

『とてもそう思う』が60%、『そう思う』が40%、という嬉しい結果になりました♪

第2問
印象に残った登場人物を教えてください。

得票数の多い順にご紹介しますと、
1位:ジョルジュサンド(作家/19世紀パリの紫式部)
2位:リスト(音楽家/ピアノの魔術師)
3位:鍵一(主人公)
4位:ドラクロワ(画家/色彩の魔術師)
5位:ショパン(音楽家/ピアノの詩人)
という結果になりました♪

第3問
SF音楽小説で取り上げてほしい人物がいらっしゃいましたら教えてください。音楽家以外でも構いません。

バラエティに富んだ回答が寄せられ、作者ふるたも大変勉強になりました。読者の方の知見の深さが窺えます。回答を一部抜粋してご紹介いたします。

ベートーヴェン(音楽家)

今後、ベートーヴェンにちなんだエピソードがたくさん出て参ります。ぜひご注目下さいね。

エドワール・ドュビュフ(画家)とジュリエット・ヅィメルマン(妻)

19世紀パリで活躍した音楽家・ヅィメルマンのご親族ですね。ピティナ調査・研究『19世紀ピアニスト列伝』にも登場しています。

岩合光昭(動物写真家)

猫好きの方からのご回答でしょうか。主人公の相棒猫・フェルマータの活躍も、どうぞお楽しみに♪

チャイコフスキー(音楽家)、ショスタコーヴィチ(音楽家)

作者ふるたも気になっている方々です。今後『ロシア編』にてご登場いただくかもしれません…!

アングル(画家)、アリ・シェフェール(画家)、ヴィクトール・ユゴー(小説家)

19世紀の音楽×美術×文学のつながり、という観点で、ぜひ書いてみたい方々です。

ホロヴィッツ(音楽家)、プレトニョフ(音楽家)、グレングールド(音楽家)

ザ・巨匠!主人公・鍵一がレッスンを受ける機会があれば、面白いかもしれません。

大橋 幡岩(ピアノ調律師・ピアノ製造技師)

日本ピアノ史に関連したエピソードも書いてみたくなりました。

第4問
その他ご自由にご意見、ご感想をお寄せください。
  • 音楽史の勉強になります。生徒にも勧めています
  • ファンタジー要素もあり、読みやすいお話だなと思います。毎回、リンクから曲が聴けるのがすごく楽しいです
  • いつも挿絵が美しくて楽しめます
  • 新しい小説のあり方として、続きも楽しみにしています

などなど、たくさんのご感想を頂戴しました♪

作者ふるたより一言

アンケート結果を拝見し、今後の物語の構想が広がりました。ありがとうございます。
今後も『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』を見守っていて下さいますと幸いです♪

執筆者:ふるた みゆき(小説家)

SF音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』(ふるたみゆき) TOPへ