ピティナ調査・研究

作曲家と協力して新しい曲を作りませんか?~委嘱のススメ~

「作曲家に依頼して新しいピアノ曲を作ってもらう」(2021年12月16日更新)

いきなりこう聞くと「ハードルが高い」と感じられる方が多いかもしれません。いっぽうで作曲家への作曲依頼=新作の委嘱(いしょく)は、音楽家どうしの共同作業ですから、ピアノ指導者として、演奏家として貴重な学びの機会になります。このページでは委嘱の直接的・間接的なメリットをお知らせするとともに、皆さんの依頼に応えてくださる作曲家の方々をご紹介します。少しでも「委嘱」へのハードルが下がることで、ピアノ音楽文化が盛り上がることを願っています。

新作委嘱がおススメの理由とは?

新しい曲を生み出すことは音楽文化の発展にとってとても重要だと直感されると思いますが、もう少し具体的な理由も考えてみます。

■「委嘱」へのきっかけになりそうな悩み&問題意識
  • 生徒さんの成長段階に合わせた発表会用の楽曲が足りない
  • ブルグミュラーの次に何を弾いたら(弾かせたら)よい?
  • コンサートプログラムに一味、個性を加えたい。
  • 自分の演奏の特長を活かしたアンコールピースが欲しい

どれも一般的な悩みだと思いますが、その悩みを解決する方法の一つが「作曲家へ委嘱」ですが、下のようなことで敷居が高いと感じられるかもしれません。

■「委嘱」へのハードル
  • 誰にどう頼めばよいのか。窓口がわからない
  • 費用はどのくらいかかる?
  • 思い通りの曲が出来上がってくるのか心配
  • 自分の希望をどのように伝えればよい?

多くの方が不安をお感じになると思います。

このハードルを少しでも下げるため、ピティナ会員の作曲家の方々に、委嘱を受けるに際しての条件を、可能な範囲で伺いました。下記の一覧にまずは目を通してみてください。「意外と身近」に感じられるかも?

ピティナで紹介できる作曲家の方一覧(12月9日時点)

ピティナ会員の作曲家の方々に情報提供をお願いしました。お応えいただける範囲で、依頼の条件を提示していただくとともに、作品紹介などへのリンクも設置しました。今後、新たな作曲家の方も随時加えていきますし、書かれている条件も変更となる可能性があります。

依頼から新曲誕生までの流れはこちら

対応可能ジャンルについて
1. 教育用の楽曲・練習曲など
2. 子どもむけの小品(発表会向けなど)
3. 中~上級者向けの小品(アンコールピースなど)
4. リサイタル・プログラム向けの高度な作品
5. ピアノを含む室内楽作品
6. ピアノ伴奏つきの歌曲
7. その他:

ピティナで作曲家の方々との連絡を橋渡しします。

  • 現時点では、ピティナ事務局は最初のご紹介のみ関わります。実際の依頼決定や謝礼等のやりとりに関しては、当事者どうしでのご相談をお願いいたします
大政直人
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
ピアノ・ソロの場合、ブルグミュラー25程度3分以内で20.000円。2台ピアノ中級レベル3分程度で30.000円。アンサンブルなどは相談させて下さい。どんな編成でも書くことが出来ます。決して高くは請求しません。
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
私の曲はYouTubeの「大政直人作品集」などで沢山聴くことが出来ます。それを聴いて、私に頼みたいと思われたらご連絡下さい。
小栗克裕
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
1分10,000程度から、ご相談させてください。
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
作曲にしろ編曲にしろ、また難易度の差があろうと楽譜制作に対する技術や手間は変わりません。委嘱料はそれに見合う手間賃を含むとも思ってください。
久米詔子
顔写真
対応ジャンル
1, 4
料金
お気軽にご相談下さい  
作品紹介
ホームページピアノ曲事典
メッセージ
普段、教室の生徒さんと向き合う中からヒントを得て、ピアノ曲を作っております。 また、簡易オーケストラとの共演感覚を味わう為に、電子オルガンとピアノのアンサンブル曲も作っております。
小山和彦
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
3分程度25,000円を基準に、相談させていただきます。
作品紹介
YouTubeピアノ曲事典
メッセージ
ご要望に沿った作品を作曲させていただきます。
西尾 洋
顔写真
対応ジャンル
2, 3, 4,5, 6, 7
料金
まずはご相談ください。
作品紹介
YouTube
メッセージ
みなさんは,もう死んでしまった人たちの曲を演奏することがきっと多いと思います。生きている作曲家に自分のための曲を作ってもらえるなんて,素敵な企画ですね。私も自分が生きているうちにみなさんのために曲が書けるのを楽しみにしています。
町田育弥
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
曲の使用目的にや規模により応相談。
作品紹介
ピアノ曲事典
メッセージ
まずはご相談ください。
松岡貴史
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5
料金
応談
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
内容に関してのご希望など、お気軽にご相談ください。
山田隆広
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
清書無しの手書きのもの、ピアノソロ2分10000円から。パソコンによる清書したもの、ピアノソロ2分20000円から。
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
発表会やコンクールで明らかに凄さをアピールできる曲、演奏家のためのリサイタル用作品、恋人や家族に贈る曲、ピアノソロだけでなく歌を含めた各楽器、フルオーケストラまで対応いたします。小さなお子様からプロの方まで、こんな曲が欲しかった!にお応えします。
秋敦子
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6
料金
ご相談ください。
作品紹介
ピアノ曲事典
メッセージ
ご希望に応じた曲を作曲、編曲いたします。
上杉公志
顔写真
対応ジャンル
2, 3, 4,5, 6, 7
料金
1分10,000円をベースに、編成や難易度、ジャンルに応じて応相談。
作品紹介
ピアノ曲事典
メッセージ
ピアノソロや連弾、2台ピアノのほか、声楽作品(歌曲・合唱)、室内楽作品、朗読のための音楽などメディアを超えた作曲も可。演奏者や委嘱元などパートナーとの対話による音楽づくりを大切にしています。
江尻あおい
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
料金
ピアノソロ初級・10,000円 中級・20,000円 上級・30,000円 デュオ曲初級・20,000円 中級・30,000円 上級・40,000円
作品紹介
ブログYouTube
メッセージ
結婚式や出産などのおめでたいシーンや、その他発表会などイベントで演奏したいピアノ曲やアンサンブル曲などがあれば、お手伝い致します。
枝野奈津子
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6
料金
金額につきましては、納期や難易度などにより応相談。お気軽にご相談頂ければと存じます。
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
ご予算の範囲内で、できる限りご希望に添って制作したいと思っております。どうぞお気軽にご相談くださいませ!
大矢千穂
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6
料金
16小節程度のピアノ小品・連弾¥3000、中・上級者向き(無調も含む)・連弾・2台ピアノ¥4000〜、室内楽¥4000円〜、歌曲は歌詞の関係で要相談
作品紹介
YouTubeその他
メッセージ
長さ、曲の難易度、形式、音づかい(ちょっとモダンな、無調な等)、イメージ、どんな機会での演奏か等お気軽にご相談下さい。
神山奈々
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
明確な委嘱料の表がありますのでご希望が有れば添付ファイルでお送りすることができます。
作品紹介
ホームページピアノ曲事典
メッセージ
私は、作品を作るにあたり演奏家の方との綿密な打ち合わせとコミニュケーションを必要とします。永きに渡り演奏家の方に寄り添えるたった一つの作品を、技術と経験を活かして制作いたします。
川崎絵都夫
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
曲の編成や演奏時間によって変わります。お気軽にご相談下さい。
作品紹介
ホームページ
メッセージ
「こどものためのピアノ協奏曲 不思議の国の冒険」をコンクール課題曲として数年間に亘り取り上げて頂いたことがあります。そのような大きい編成からソロの曲まで、ご要望に応じて書かせて頂きます。創作過程でご意見を伺って曲想や難易度などの摺り合わせをすることも可能です。よろしくお願い致します。
近藤浩平
顔写真
対応ジャンル
2, 3, 4,5, 6, 7
料金
ピアノソロ小品10万円程度から。演奏会用小規模ソロ作品目安15万円程度から。演奏会用の本格的なソロやデュオ作品目安20万円程度から。多楽章や室内楽など大きな作品、目安40万円程度から。小規模協奏作品、室内アンサンブルなど目安50万円程度から、協奏曲目安100万円程度から(演奏家の皆様のご事情を考慮しますので相談ください。とくに経済的に余裕のない若い演奏家やコンサート企画者の皆様などには大幅に配慮します。)
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
左手のピアノ曲は智内威雄さん舘野泉さんなどに演奏され、映画「にしきたショパン」にも使われています。作風は旧来の調性などにとらわれないと同時に自然で自由なものです。あくまで私自身の音楽観、様式で作曲しますので動画・録音や演奏会で作品に共感いただいた方に委嘱をいただければと思います。
鈴木直己
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
基本料金:3分まで30,000円 以降1分につき10,000円 *編成等により異なりますのでご相談ください(お見積りを提示させていただきます)
作品紹介
ホームページ
メッセージ
小さな手のための作品を、これまでもライフワークとして作曲してきました。お子様がお話下さるイメージやお話をもとに、作品をふくらませていきたいと思います。発表会用作品もご相談ください。
高橋由紀
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
料金
ピアノソロアレンジ作品は20,000円くらいから、ピアノソロオリジナル作品は30,000円くらいからを考えております。様々な制作経験を生かしてご希望に添ったご提案もできるかと思いますので、他編成など何でもお気軽にご相談ください!
作品紹介
ホームページピアノ曲事典
メッセージ
私のこれまでの作品等を知っていただいた上でご相談いただけたら幸いです。どのような作品も全て区別なく大切に考えておりますので、じっくりお話をうかがってから委嘱をお引き受けしたいと思います。私自身、指導をしていた頃は毎年発表会で生徒さんのソロアレンジ、お持ちの楽器を用いたオリジナル編成でアンサンブルアレンジをしておりました。先生や生徒さんに喜んでいただける作品、舞台作りのお手伝いができたら大変嬉しいです。
壺井一歩
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
作品の規模、難易度にある程度比例します。非常に短い小品:10,000円〜/10分前後の演奏会用作品:70,000円〜/室内楽:120,000円〜(目安です。応相談)
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典
メッセージ
まずご希望をお聞きしたいです。そのご希望にどのようにお応えできるか、ディスカッションを経た上で委嘱をお受けします。加えて、私がどのような作品を書いている作曲家なのか、可能な範囲で知っておいていただけると幸いです。
東秋幸
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4,5, 6, 7
料金
ピアノ・ソロや楽器、声楽とのデュオ作品(5分〜10分程度)の場合、30,000円から。5分以内の小品は12,000円からお受けいたします。曲数、内容によって、相談させて頂くことがございます。
作品紹介
YouTubeピアノ曲事典
メッセージ
まずは曲の完成イメージについて、綿密に打ち合わせをさせていただきます。お気軽にご相談ください。クラシックの声楽曲が得意です(コンクール受賞、委嘱多数)室内楽作品や、合唱も承っております。また、私自身ピアニスト・ピアノ講師としても活動しておりますので、様々な難易度の曲に対応しております。生徒さん、お子さんとの連弾曲、ご自身の演奏会でしか聴けないアンコールピース等、様々な方のお手伝いが出来れば幸いです。
深澤 舞
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 3, 4, 6
料金
初級作品30,000円より
作品紹介
YouTube
メッセージ
小さな手のための作品を、これまでもライフワークとして作曲してきました。お子様がお話下さるイメージやお話をもとに、作品をふくらませていきたいと思います。発表会用作品もご相談ください。
松崎泰治
顔写真
対応ジャンル
1, 2, 4, 6
料金
3分以内の初級者向けピアノ・ソロ作品の場合10,000円程度
作品紹介
ホームページYouTubeピアノ曲事典"
メッセージ
曲の難易度、雰囲気など、レベルや好みに応じて、いろいろとご相談しながら対応させていただきたいと思います。
新曲誕生までの流れ

「ハードルを下げる」一環として、ピティナで作曲家の方々との連絡を橋渡しします。ただしピティナ事務局は最初のご紹介のみ関わります。

委嘱内容の着想 ・発表会などに併せて○○分の新曲を作りたい!
  • ○○のピアノアレンジをブルグミュラーくらいのレベルで作ってほしい!
  • 超絶技巧を凝らした1分程度の曲がほしい! 

などなど

委嘱先を選ぶ
  • 上記の一覧や、作曲家のウェブサイトなどから希望に応じてくれそうで、示されている条件も無理がなさそうな方を探してみてください。
申込フォームへ入力

希望内容や予算、納期をお知らせいただきます。お申込み頂ける方は、現時点ではピティナ会員と、ご家族の方に限定いたします。

ピティナから作曲家へ打診

依頼内容で引き受けできるかどうかをピティナから伺います。 作曲家側で引き受けることが難しい場合には、ピティナからの連絡でその旨お知らせします。 委嘱に応じることが可能な場合、もしくは、条件を少し変更することで引き受け可能な場合などは、ピティナからの連絡、もしくは作曲家の方からの直接連絡となります。

委嘱の成立~作曲開始

条件が合致した場合は、作曲が始まることになります。覚書や契約書を取り交わすか、少なくとも、依頼条件や完成後の作品の取り扱い(手なおしや演奏実践に際しての諸条件)等についてよく話し合った上で正式に依頼する、お引き受けになることをおすすめします。

覚書についてはこちら

曲の完成

作品が完成したら、作曲家の方からピティナへご連絡をいただきます。
ピティナ・ピアノ曲事典への掲載や、オンデマンド楽譜販売の「ミュッセ」での発売によって、曲を世に広めることが可能です(公開は必須ではありません)。

作曲家の方々への委嘱申込・質問フォーム
依頼者の皆様への注意事項
  • 依頼時の取り決めがない限り、作曲された楽曲の著作権は作曲家に属します。
  • 著作権が作曲家に属する場合、依頼者の方であっても、演奏に際しては作曲家の方へ著作物利用の許可を得る必要があります。「初演の権利は依頼者が持つ」「依頼者による演奏に際しては請求をしない」といった取り決めを行う場合もあります。作曲家の方とご相談ください。
  • 作曲家の方が著作権管理団体(JASRACなど)の会員である場合、著作権管理団体への手続きや著作物利用料のお支払いが必要となります。
免責事項
  • 謝金の滞納や作曲納期の遅れなどのトラブルに関しては依頼者の方と作曲家の方の二者で解決して頂くものとします。ピティナとして、損害賠償当に応じることはできませんので、ご承知のうえ、紹介サービスをご利用くださいませ()。
  • 完成した曲についてはピアノ曲事典やミュッセを介したプロモーションが可能ですが、既存曲の編曲をおこなった場合など、著作権法の定めるところにより、情報掲載が不可能な場合があります。
  • その他、依頼後に生じたトラブルに関しては、当事者間での解決をお願いいたします。
  • 上記のようなトラブルが発生した場合は、ピティナ事務局にお知らせくださいませ。状況の改善を促す連絡を行うとともに、当該の作曲家の方への紹介を停止することがあります。
「覚書」「契約書」について

委嘱に際して、条件を検討し作品の取り扱いなどに関する取り決めをされてはいかがでしょうか。依頼されるかたと作曲者の間で交わす「覚書」「契約書」の例を参考情報として提供いたします。ダウンロードし、必要な改変をおこなった上でお使いください。
このような書面を取り交わし、条件を確認することは必須ではありませんが、不要なトラブルを事前に回避できる場合があります。すくなくとも、この書面中で触れられている項目については、依頼段階で確認されることをおすすめいたします。

覚書の例(docファイル)

「委嘱のススメ」インタビュー
~作曲家と協働する意義・メリットとは~
金子彩子先生(ピティナ理事 ステップ運営委員長)
顔写真
~「生きている作曲家」からの学び~
以前、日本作曲家協議会とピティナが共同して開催した「作曲家から学ぶ」というイベントがありました。曲を作った作曲家から直接レッスンを受けることができるという内容に惹かれて、当時小学生の生徒たちを参加させて頂きました。生徒のみならず私自身にとっても大変に貴重な経験でした。
楽曲創作にあたってのいろいろなエピソードを伺えたこと、作曲家が「楽譜」に記した記号等の意図を生きている作曲家ご本人から直接伝えて頂けたこと、そして音楽の表現方法が必ずしも一つではないこと、多くの事を学ぶ機会になりました。
その経験は昔からの偉大な作曲家の作品を演奏する際にも役立てられるものでした。まず、楽譜に書かれた事は点一つでも疎かにせず、きちんと読み解き、その上で自由な音楽表現へと踏み出す好奇心や勇気を頂く事ができました。
新しい曲の誕生に関わり、それを練習したりレッスンしたりすることは、さらに「濃い」学びの機会になると確信しています。双方の想いからどのような作品が生まれてくるのか、とても楽しみです。
秦はるひ先生(ピティナ正会員)
顔写真
~新曲を初演する楽しみ&広く知らしめる意義について~
私はリサイタルの度に、委嘱作品を必ずプログラムに入れています。
また、ピティナ・ピアノ曲事典で演奏動画を発表する公開録音コンサートとして「世界に発信!日本のピアノ曲」と題したシリーズをプロデュースし、毎回若手の作曲家に新作を書いていただいています。もちろん全て世界初演です。
過去の名作を演奏する喜びは言うまでもありませんが、現代に共に生きる作曲家の作品に接することは、新鮮でより共感を覚える面もあります。いつも私は未知の世界を探検する冒険家の気分です。
さらに新作が生まれると、ピティナには、「ピアノ曲事典」で演奏動画を見ることができ、楽譜を作成する「ミュッセ」があり、広く多くの人が演奏できるような仕組みになっていることが素晴らしく、大変ありがたいと思っています。今回のこの企画により、作曲家の意欲が刺激され、演奏する側との間の相乗効果に期待しています。
杉浦菜々子先生(ピティナ正会員)
顔写真
~作曲家とともに曲を作る楽しみ~
日本人作曲家の音楽を広めたいという演奏家としての使命感があって、数年前から折に触れて新曲の委嘱をしています。
依頼に際しては「作曲家の方と一緒に作る」という感覚を大事にしています。こちらのイメージを伝えるいっぽう、作曲家ご自身からレッスンをしていただくなどして「一緒にやり遂げた」感じが得られるのが、大きな魅力です。
そして、演奏する場所に因んだ内容にしていただいたり、プログラムのテーマに則して、ある作曲家をオマージュした曲を作ってもらうといった様々な試みによって、出来上がった音楽についても、もちろん思い入れが深いものになります。
自身で演奏するばかりでなく、発表会で生徒が演奏するアンサンブル曲などの委嘱も行うつもりです。
また作曲家の知り合いや、音大の作曲家に進んだ生徒が出始めたこともあって、若手の作曲家支援になれば、とも思っています。
上田泰史先生(音楽学 ピティナ正会員)
顔写真
~「委嘱」と「献呈」との関係・・・委嘱で音楽史に貢献!~
かつて「委嘱」は財力のあるパトロンが芸術家に対して行っていました。作曲家は貴族などから注文を受け、報酬とひきかえに献辞とともに大作を発表しました。この「献呈」は名誉なことでもあり、委嘱と献呈はこのころから表裏一体の関係です。ベートーヴェンの「ワルトシュタイン」はパトロン=被献呈者の名前が曲の通称として定着した例ですね。19世紀に入ると音楽家どうしが互いに献呈し合うことが一般化します。互いの演奏技術や美学を考慮にいれて音楽家たちは作品を介して対話してきました。たとえばショパン、シューマン、リストらの献呈先や、誰から献呈を受けているかはピアノ曲事典にも載せています。献呈した人のイメージが音楽内容に反映されているかもしれませんから、演奏に際しても重要な情報です。委嘱をきっかけとした音楽家どうしの濃密な対話を通じて、歴史に残る曲が生まれることを楽しみにしたいですね。
大規模な委嘱企画の例

ピアノ・コンチェルトや室内楽の新作の誕生とプロ演奏家・オーケストラ団体による演奏会での初演が可能になるような、大がかりな委嘱の例もあります。かつての王族・貴族に代わって現代の資産家や企業が「パトロン」となりえます。日本センチュリー交響楽団が支援を募っている以下の例では、作曲家の近藤浩平先生(ピティナ作曲会員)の発案によって募集が進められています。
※PDFファイルへのリンクです。
https://www.century-orchestra.jp/wp/wp-content/uploads/2021/11/f5cd158ebf6e5992712588d7c0b14639.pdf